ぺこぺこぺこりん

シンプルライフとアメリカ生活情報を全力で時々発信します!

【アメリカ】オーブンで魚を焼く方法

アメリカには魚焼きグリルは基本的にありません!

でも、オーブンを使っておいしく魚を焼くことができます♪サーモンの切り身の塩焼きでも、塩サバでも、丸のままのお魚でも何でもOKです。

この記事ではアメリカのオーブンを使った魚の焼き方をご紹介します。

 

 

 アメリカのオーブンを使った魚の焼き方

 手順

①オーブンを450℉に予熱

 

②その間に、オーブン用のトレイにアルミホイルを敷く。脂が流れるように真ん中に穴開け、(この時、ホイルを二重にしておくと洗い物が楽です。)上に魚を並べる。

 

f:id:pekoriririn:20191014134842j:image

 

③お好みの量の塩をすり込む。(写真はすり込み前の塩をのせただけの段階)

 

f:id:pekoriririn:20190526141907j:image 

④オーブンの予熱ができたら、

BAKE機能で450℉で6分→BROIL機能で4分焼く。

BROILは上から直火で焼くイメージでしょうか。この機能があれば、焦げ目がつけられます。イメージはトースター。

 

f:id:pekoriririn:20191014134853j:image

 

⑤出来上がり!やけどに気をつけてオーブンから出してくださいね。

 

このような感じで少し焦げ目がついて美味しそうに焼けます♪

 

アメリカでも、たいていのスーパーでサーモンは手に入りますし、アジア系スーパに行けば冷凍のサバ、さんま、ししゃもなどなど買えます。日本ほど恵まれてはいませんが、食べられるものをおいしくいただきたいですよね。

 

我が家はどのお魚もすべてこの方法で焼いていますがいつも美味しくできています。

もちろん、焼くものの大きさやお使いのオーブンの性能によって多少時間の調整は必要ですが…

 

アメリカで魚焼きグリルがないとお困りの方、ぜひ一度お試しください。

 

おまけ情報

オーブンのブロイル機能を使えばおもちも焼けますよ♪予熱不要、5分焼くだけです(^^)

f:id:pekoriririn:20191215183907j:image