ぺこぺこぺこりん

アメリカ在住ミニマリストの全力育児

【絵本】つちだのぶこさんの親子の会話が弾むおすすめ絵本6選

つちだのぶこさんの絵本を知っていますか?

f:id:pekoriririn:20191008133943j:image

 

ある時、図書館でたまたま手に取った一冊の絵本。

「でこちゃんとらすたくん」

これが、つちだのぶこさんとの出会いでした。

 

失礼を承知で書きますが、つちだのぶこさんの絵本には、壮大なストーリーがあるわけでも、子どもに学ばせたい何かがつまっているわけでもありません。

 

それにも関わらず、何度も何度も子どもが「また読んで」と持ってくる。一度図書館に返しても、見つけたらまた借りたいと持ってくる。

 

やがて親もその魅力にとりつかれ、いつも間にか次々と絵本を買っている・・・

 

今回は、そんなつちだのぶこさんのおすすめ絵本を6冊ご紹介します。

 会話が弾む!つちだのぶこさんのおすすめ絵本6選

でこちゃん

でこちゃん (わたしのえほん) [ つちだのぶこ ]

価格:1,210円
(2019/10/8 13:09時点)

つちだのぶこさんの代表作といえば「でこちゃん」です。お母さんが前髪を切ったら、おでこが丸出しになってしまったてこちゃん。皆に笑われるのですっかり嫌になってしまいます。

 

朝、幼稚園に行きたくないと泣いたてこちゃんにお姉ちゃんがしてくれたこととは?お兄ちゃんのイタズラ坊主具合、お姉ちゃんの優しさ、でこちゃんの可愛らしさがたまらない一冊です。ラストには驚きの結末が!

 

 

でこちゃんとらすたくん

でこちゃんとらすたくん【電子書籍】[ つちだのぶこ ]

価格:1,000円
(2019/10/8 13:13時点)

「でこちゃん」の続編。ある日、いとこのらすたくんがでこちゃんの家に泊まりにきます。家族みなが、らすたくんにばかりかまうので面白くないでこちゃんですが、ひょんなことから共通点が見つかり…二人はどうなる?前作『でこちゃん』と共通の脇役探しも楽しいですよ。

 

ぼくんちカレーライス

ぼくんちカレーライス [ つちだのぶこ ]

価格:1,430円
(2019/10/8 13:14時点)

本当にただ「カレーライスが食べたくなって食べた」お話です。正直、買って初めて読んだ時「これは買わなくてもよかったかも・・・」と思いました。それなのに、この絵本、今は驚くほどボロボロ。何度も何度も子どもに読んでいます。

 

シンプルなストーリーとつちだのぶこさんが描くユーモアあふれる楽しい人物画は子どもを惹きつけます。

 

「この人は、なんて言っているのかな?」「この人何してるの?」とこれほどまでに会話が弾む絵本はなかなかありません。ぜひ一度だまされたと思って読んでみてください。

 

 

マニマニのおやすみやさん

マニマニのおやすみやさん [ つちだのぶこ ]

価格:1,100円
(2019/10/8 13:16時点)

「ねむれないみんなをねむらせる」という不思議な仕事をしているマニマニさん。夜眠れないたくさんの愉快な動物が登場します。色鮮やかで細かな描写が楽しい一冊です。

 

おっと合点承知之助

おっと合点承知之助 (声にだすことばえほん) [ 齋藤孝(教育学) ]

価格:1,320円
(2019/10/8 13:16時点)

「声に出して読みたい日本語」がベストセラーとなった教育学者の齋藤孝さんとのコラボレーションによって生まれたこの絵本。「付け足し言葉を楽しむ」という、やや日本語のお勉強要素が入ったこの絵本ですが、そこは「つちだのぶこ」マジック。子どもが心奪われるストーリーと絵で何度も楽しく読むことができますよ。

 

えんにち奇想天外

えんにち奇想天外 (声にだすことばえほん) [ 齋藤孝(教育学) ]

価格:1,320円
(2019/10/8 13:17時点)

こちらも齋藤孝さんとの絵本。題材は「四字熟語」です。縁日の様子が細かく描かれていてページをめくる度、ワクワクせずにはいられません。楽しく四字熟語に触れられますよ。最後に登場した四字熟語の解説ページもあります。

 

 

むすび

いかがでしたでしょうか。なぜか読み聞かせの最中に子どもとの会話が止まらないつちだのぶこさんの絵本。愉快で楽しい登場人物が子どもの心を掴んで離さないのでしょうね。

 

静かにじっくりと聞く絵本もいいですが、親子であーだこーだ言いながら読む絵本も楽しいものです。ぜひ一度「つちだのぶこワールド」に足を踏み入れてみてくださいね。

 

 

〜おまけ(ここだけの話)〜

実は今回ご紹介した絵本以外にも、つちだのぶこさんの作品をいくつか持っています。どれも楽しい絵本ばかりですが、『文:別の絵本作家さん、絵:つちだのぶこさん』のものは若干「つちだのぶこワールド」が控えめである場合があります。もちろん、それぞれの好みですが、その点も心に留めつつ、ぜひお気に入りの一冊を見つけてくださいね♪

 

 

林明子さんのおすすめ絵本はこちら↓↓

www.pekoriririn.com