ぺこぺこぺこりん

アメリカ在住ミニマリストの全力育児

【シンプルライフ】30代専業主婦の靴。ママにおすすめの走れるサンダルTEVA!

ミニマリストの持ち物紹介。

自分用の記録をかねて。

2019年秋。今持っている靴は四足です。

f:id:pekoriririn:20191018032236j:image

 

お気に入りの靴4足

左からサンダル(TEVA)スニーカー(adidas)レインブーツ(crocs )スノーブーツ(Colombia)

 です。天候で靴を決めるので迷うことは一切ありません。

昔はたくさん靴持ってたなぁ・・・足2本しかないのに。インドアなのに。笑

スニーカーは穴があいてしまったので近々買い替え予定。

 

 この中で特に気に入っているのがサンダルとスノーブーツ。

 

ということで、本題。

育児中のママ、走れるサンダル必要じゃないですか?

子どもがいると、公園で遊ぶ時、道を歩く時、突然走らないといけないことってありますよね。そして、そんな生活をしていると靴の消耗が圧倒的に早い!丈夫な靴でなきゃやってられません。

 

この記事では私が3年間愛用しているTEVAのサンダルをご紹介します。

 


【クーポンでさらに100円OFF】TEVA TEVA サンダル レディース サンボーンサンダル スポーツサンダル スポサン アウトドア SANBORN SANDAL 1015161 (teva20)

 

 ママにおすすめ走れるサンダルTEVA!

 

この靴を買った理由

 

歩きやすいサンダルを求めて靴屋さんに行った時に一目惚れならぬ一履惚れをしました。

 

TEVAのサンダルといえば縦にラインがあるものが有名ですが、こちらの方がややきれい目な服装でも合わせやすく思えたので、このデザインもポイント。

 

f:id:pekoriririn:20191022025712j:image

 

ズボンにはもちろん合います。

 

f:id:pekoriririn:20191022025755j:image

スカートに合わせるのもありです。(あくまで主観的判断)

 

 その履き心地は?

 

ストラップの後ろ部分(アキレス腱側)が少しごついのですが(スポーツサンダル感が強いというか・・・アウトドア向けっぽいというか・・・)履き心地の良さは抜群です。靴擦れしたことは一度もありません。

ただ、ここの見た目だけはあまり気に入っていません・・・

もう少しスマートで同じ履き心地だったらいいのに・・・

 

 

靴底も薄過ぎず、厚過ぎずで凸凹の道も歩けますし、厚底で疲れることもありません。個人差がありますが、サンダルの横幅広めなので足がゆったりと、しっかりとサンダルの上にのっている感覚があります。

f:id:pekoriririn:20191022030018j:image

 

マジックテープで足首まわりのストラップを好きな長さぴったりに調節できるので、手を使わずにすぽっと履け、なおかつ脱げることのない状態を保てます。ズボラ仕様です。子どもを抱っこしたまま着脱可能。これ、結構大事です。

 

また、とても軽いので全く疲れない!私はスニーカーよりこちらの方が歩きやすいと感じるほどです。娘のお友達と本気でかけっこできます・・(大人気ない元陸上部)

 

 

f:id:pekoriririn:20191022030034j:image

 そんなわけで、間違いなく過去に履いたサンダルで履き心地No.1です。

TEVAの耐久性

三年間、夏はほぼ毎日履きました。具体的には6月頃〜9月頃まで年に100日ほど。つまり300回は軽く履いていると思います。でも、見た目はまだわりときれいです。

 

カジュアルなサンダルとしては安くはありませんが、これだけ履けるならいい買い物したなと言えます。

 

ただ、マジックテープの端が少し反ってきたこと、底がすり減ってきたことからそろそろ買い替え時かなとは思っています。

 

f:id:pekoriririn:20191022030118j:image

 編み編み部分の一番内側も少し毛羽立ってきています。

 

むすび

いかがでしたか。こんなに履き心地抜群で耐久性も高いTEVAのサンダルですが、まだ同じものを履いている人に会ったことがありません。

なんでだろう。

 

来年の夏、同じものを買うか、色違いを買うか、後ろのストラップがごつくない同じ機能性ものを探すか・・・1年弱悩もうと思います。

 

 子どもと公園で思いきり遊びたいママは、靴屋さんで見つけたらぜひ一度履いてみてくださいね。

とか言いつつ40代になって子どもを追いかけまわさなくてよくなっても私履いてそうだな・・・

 

ミニマリスト(仮)の持ち物紹介でした!

 

 

 このお弁当箱も秀逸です!

こだわりの持ち物記事、また書いていきたいと思います。

www.pekoriririn.com