ぺこぺこぺこりん

アメリカで食べて美味しかったもの、残念だったものをご紹介!滞在5年目を迎えた二児の母、主婦が書いてます(^^)

【お菓子】FIG BAR〜小腹が空いた時に便利なおやつ〜/【アメリカ情報】サマーキャンプ

こんにちは。

アメリカで食べたものを記録。

美味しさ、オススメ度を星の数で評価!

 

小腹が空いた時にぴったりのFIG BARです。

ちなみにFIG=いちじく!

f:id:pekoriririn:20190708143146j:image


名前:FIG BAR

美味しさ:★★★☆☆

おすすめ度:★★★★☆

内容量/価格:36袋/$11.39

     *価格は定価ではなく購入金額です。

売っているところ:Costco、Amazon

 

コメント:外はしっとり、中はねっとりとしたFIG BARです。外側の生地は、スーパーでよく見る茶色い酸味のある食パンの香りが一瞬しますが、食べると気になりません。中はレーズンをペーストにしたようなイメージ(よってレーズンが苦手な主人はこれも苦手)。

f:id:pekoriririn:20190708151537j:image

時々いちじくらしくジョリっとしたものが入っています。甘みは十分ですがどっしりとしているのでお菓子というより軽食。小腹が空いた時に便利です。3つの味が入っていますが、味に大きな違いはありません。(雑レビューすみません。でも、本当。)

ちなみに栄養価、原材料はこちら↓

f:id:pekoriririn:20190708151631j:image

3際の娘がサマーキャンプ(プール、ジム)に行き始めたので簡単なお弁当とこれを持ってお迎えに行っています。お弁当が足りないと言われた時に便利。身体を動かすとやはりお腹が空くようで予想以上に食べることも。お菓子をたくさん食べさせるより健康に良さそうなので重宝しています。

Amazonでも取り扱いがありますが、Costcoのほうがだいぶお得なので会員の方はCostcoでの購入がおススメです。

 

◎サマーキャンプについて簡単に。

5月下旬〜6月初旬に夏休みが始まるアメリカの学校。長すぎる夏休みを有意義に過ごすためにサマーキャンプがあります。キャンプといってもキャンプ場に行ってアウトドア体験をするわけではなく、学校やその他様々な施設(動物園、博物館、植物園、教会、大学、託児所など)が子ども向けの夏期講習のようなプログラムを提供してくれるのです。お勉強系、運動系、芸術系、宗教系と内容は様々。有料、無料どちらもありますが、有料のものが多い印象です。費用は(日本人の習い事の感覚からすると)高め。フルタイム(午前午後の約4〜5時間)の週5で300ドルが相場、とも聞きます。(地域によってもかなり差があると思いますが)

ちなみに、うちの娘は大学が提供するかなりリーズナブルなサマーキャンプに参加。学生さんがアシスタントをされているので良心価格のようです。定員があるので人気のキャンプは申し込み受付開始日を要チェック。お金の準備も。

アメリカの長い長い夏休み、無駄に休ませるわけではなく(というか、そんなに長期間子どもが家にただいたら多くの親は大変なことになります笑)子どもが良い経験をできるようになっているんですね。

 

ミニアメリカ情報でした。